くせ毛の原因って?

くせ毛になる原因とは?

 

 

くせ毛になってしまう原因とは何なのでしょうか?

 

一言でくせ毛といっても、遺伝によって生まれつきくせ毛になってしまう場合と
生活習慣などで後天的になってしまう場合があります。

 

 

今回は先天的、後天的それぞれのくせ毛になる原因を見ていきましょう!

 

 

 

くせ毛になる先天的な原因

 

遺伝による毛穴の歪み

 

日本人の7割〜8割は髪にくせがあると言われていますが、それはくせ毛が優性遺伝だからです。
親のどちらかがくせ毛だった場合、子供もくせ毛になりやすいんですね。

 

一見まっすぐに見える人でも、よーく見てみると少しくせがある場合がほとんどです。

 

 

遺伝によるくせ毛の原因は、毛穴が真っすぐではなく歪んでいることです
伸びてきた毛が毛穴の中で曲がってしまうので、生えてきた髪も曲がってくせがついてしまうのです。

 

 

 

 

くせ毛になる後天的な原因

 

カラー、パーマによる髪の乾燥

 

 

髪は乾燥することによってくせが強くなる性質があります。

 

くせ毛の人でも、お風呂上がりはくせが緩む人も多いと思います。
これは髪の中に水分が補充されたからです。

 

ただし、お風呂上がりには髪に水分がたくさんあっても、
ドライヤーで乾かしたりするとすぐに水分は蒸発してしまいます。

 

髪の内部に水分を保持するためには、水分保持力の高いシャンプーを使うのが効果的です。

 

くせ毛の人におすすめのシャンプーは、クイーンズバスルームというシャンプーです!
髪の乾燥を防ぐためにヒアルロン酸や冬虫夏草エキスを配合した水分保持力の高いシャンプーになっています。

 

クイーンズバスルームの口コミは楽天などの通販サイトでも高い評価を得ています。

 

 

私も使用してみましたが、やはり他のシャンプーよりもくせ毛が緩んだ気がします。
くせ毛に悩んでいるのであればおすすめできるシャンプーですよ。

 

 

 

加齢、ケア不足による頭皮のたるみ

 

加齢や頭皮ケアをしていないことが原因で頭皮がたるむことがあります。
頭皮がたるむとそれに伴って毛穴も歪んできてしまうため、もともと直毛だった人でもくせ毛になったりします。

 

重要なのは、日々の頭皮ケアをしっかり行って頭皮を健康な状態に維持することです。

 

シャンプーの際には頭皮マッサージを行う頭を洗わないまま寝ないなど、
基本的な生活習慣を徹底しましょう。

 

 

 

偏った食生活や過度のダイエット

 

栄養状態の悪化もくせ毛の原因になります。
髪を作るのは食べ物に含まれる栄養素だからです。

 

しかも、栄養は内臓や筋肉などの生きるために必要な部分に先に送られて、
髪の毛や爪には最後に送られるようになっています。

 

つまり、栄養をしっかり摂らないと髪の毛に十分な栄養が届かず髪が育ちません。

 

細い毛や太い毛がまばらになった弱い髪になってしまうため、
当然くせが出やすくなってしまいます。

 

毎日の食事、栄養バランスなどを意識し、身体の中からくせ毛にならない状態に保っていきましょう。

 

 

 

 

以上がくせ毛になる主な原因でした。

 

先天的なくせ毛を治すことはできませんが、
後天的に改善できる部分を直すだけでもかなりの効果が期待できます。

 

自分がくせ毛になっている原因をもう一度見直し、改善できる箇所を探していきましょう!