ストレートパーマと縮毛矯正の違い

ストレートパーマと縮毛矯正の違いとは?

ストレートパーマと縮毛矯正の違いとは何なのでしょうか?
くせを伸ばすという意味ではどちらも同じような気がします。

 

 

それぞれの違いについて説明していきます。

 

ストレートパーマ

 

ストレートパーマは、パーマをあてた髪に対してそれを緩めてストレートに戻すことが目的です。
薬剤を使って髪をまっすぐにするため、ある程度は髪と頭皮が傷んでしまいます。

 

パーマをストレートに戻すことが目的なので、くせ毛の人がストレートになるほどの効果は期待できません。

 

 

 

ストレートパーマがおすすめな人

 

あてたパーマを直毛に戻したい人
くせがそこまで強くなく、元のくせを活かしたい人

 

 

 

 

縮毛矯正

 

縮毛矯正は、その名の通りくせ毛を薬剤と熱でまっすぐに矯正する方法です。
強力な薬剤を使うので高価ですが、縮毛矯正をかけた髪は半永久的にストレートになります。

 

ストレートパーマよりもストレート感が強い仕上がりになります。

 

 

縮毛矯正がおすすめな人

 

もともとくせ毛でストレートにしたい人
頑固なくせ毛を扱いやすくしたい人

 

 

 

 

自分の癖の度合いによって、ストレートパーマと縮毛矯正を使い分けるのがいいと思います。

 

薬剤や熱を髪にあてるので、どちらの方法でも髪や頭皮が傷んでしまうのは変わりありません。
トリートメントをつけたり、髪をしっかり乾かしてから寝るなど髪のことを考えた生活をするのが大事ですよ。